車に傷をつけない使い方

こびりついてしまう自動車の汚れの原因は色々ありますが、ボディーの目に見える汚れの多くは空気中のチリやほこり、排気ガス内の金属片などが積み重なった事によって表れます。そうした汚れはどれだけ放置していても取れることはありませんし、時にはボディーの塗装を傷つけて錆付きの原因になることもあるので、定期的に洗車して綺麗なボディーを保つようにしましょう。洗車する際ブラシを使用して洗車するという方は多いと思いますが、この時洗車ブラシでボディーを逆に傷つけてしまっている人もいるそうですが、そうしたミスを防ぐためにも洗車ブラシの使用は慎重に行いましょう。
洗車ブラシは手を汚さずに隅から隅まで洗車することが出来ると多くの方が利用していますが、使い方を間違えるとせっかく洗車したのにボディーを傷つけてしまいます。例えば洗車ブラシで磨く前に大きな砂埃などを取り払っておかないとボディーとスポンジの間に砂埃などが侵入してボディーを傷つけてしまうことがあるので、洗車の前に派大きなほこりなどは水などである程度洗い流すようにしたり、使用するブラシもボディー用やタイヤ用などの種類があるのでそれらを使い分けるようにしたりと綺麗に洗車するためにも洗車ブラシはしっかり使い分けるようにしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。